小古庵の東北振り返り/ココアン cocoan

2011~2018年の岩手・宮城・福島県の写真、小古庵の出版物、著者メンバーの紹介、つぶやき、おすすめ図書など。

メンバー紹介1 こがはるひこ

こがはるひこ

 

略歴
編集者として、芥川賞作家、国際的指揮者、ノンフィクション・スポーツ・ライターなどの連載を担当。人気ロックバンドのメンバーによるゲームソフト作品のシナリオ制作などにも協力。

2011年6月から2018年12月まで7年半、岩手県・宮城県・福島県に暮らし、教育系NGO職員として、仮設団地での移動図書館事業に従事(岩手事務所長・山元事務所長・南相馬事務所長を務める)。岩手県山田町、大槌町、大船渡市、陸前高田市、宮城県山元町、福島県南相馬市の仮設団地のべ2000近くを移動図書館車で訪問する。事業終了に伴い、同NGOを退職。

 

東北駐在時の執筆

  • 『図書館車の窓』第90号(2012/8/15)「いわてを走る移動図書館プロジェクト」
  • 『桜楓新報』第705号(2012/10/10)「図書館車に本を積んで、岩手県沿岸部を走り続ける理由」
  • 『国立・国際・子ども図書館』No.32(2012/12/20)「陸前高田コミュニティー図書室 図書室が子どもたちの居場所になってほしい」
  • 『図書館雑誌』VOL.107 NO.3(2013/3/20)社団法人日本図書館協会発行 「沿岸被災地を走り続けて 岩手の公共図書館と書店とともに」
  • 『図書館雑誌』VOL.108 NO.3(2014/3/20)公益社団法人日本図書館協会発行 「ふくしまを走る移動図書館活動 南相馬市鹿島区での支援活動報告」
  • 『図書館雑誌』VOL.112 NO.3(2018/3/20)公益社団法人日本図書館協会発行 「東北3県を走り終えて 延べ7万人弱の利用者と共にした『立ち読み、お茶のみ、おたのしみ』」

 

小古庵での活動

Kindle Unlimited対象本です。立ち読み大歓迎!